腰痛治療本文へスキップ

ぎっくり腰

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-225-6181

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

ぎっくり腰について

ぎっくり腰はある動作がきっかけで急激に腰がギクッとなる腰痛のことです。ぎっくり腰は一般的な名称で医学的な用語では『急性腰痛症』といいます。ぎっくり腰になってから適切な処置を行わないと繰り返しぎっくり腰を発症させてしまうため、ぎっくり腰は早期治療と適切な処理が重要になってきます。

では、ぎっくり腰はどのような時に起こりやすいのでしょうか?

ぎっくり腰は朝顔を洗う時、立ち上がる時、物をとる時、重たい物を持ち上げる時、咳やくしゃみなどのちょっとした動作によってぎっくり腰が引き起こされます。

ぎっくり腰は軽度な症状から重度な症状まで様々です。軽度であれば痛みを感じる程度で動くことができます。しかし、中度のぎっくり腰になると腰に力が入らなくなります。そして腰を曲げる。歩行困難、座る、立ち上がる、寝返るなどの動作で痛みを感じるようになります。

さらに重度になると安静にしていても激しい痛みが起こり、歩行が不可能、座る、立ち上がることなどの日常動作ができなくなり、寝込むことになります。

ぎっくり腰が起こる原因として姿勢があります。日常生活の中で長時間での同じ姿勢、中腰での作業が多い、重たい荷物を頻繁に運ぶ、猫背の姿勢、反り腰の姿勢などがあればぎっくり腰を起こす可能性が高くなります。

このような姿勢を繰り返し行っていると腰回りの筋肉や靭帯、軟骨などが損傷されるようになり、その結果ちょっとしたきっかけでぎっくり腰が起こるのです。

ぎっくり腰の種類は腰椎の損傷、筋肉の損傷、トリガーポイントなどがあるためそれぞれのぎっくり腰の種類に合わせた腰痛治療が重要になってきます。




















ハルモニア鍼灸整骨院ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島市中区上八丁堀7-8-2F
TEL 082-225-6181
Mail
 info@nakatomo-shinkyu.com