腰痛治療本文へスキップ

腰痛 椎間板ヘルニア

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-225-6181

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

椎間板ヘルニアについて

腰痛と椎間板ヘルニアについて椎間板ヘルニアは腰痛の原因のひとつになっています。椎間板ヘルニアの腰痛を持っている人は人口の約1%となっており年齢をみると20〜40代の比較的若い世代に多くみられています。

この椎間板ヘルニアになる方の特徴の一つに腰痛が発症しています。そして椎間板ヘルニアになる原因に骨盤の歪みがあります。この骨盤が歪むことで椎間板ヘルニアが発症してしまうのです。

背骨は椎骨という骨が重なり合って1本の棒状になっておりその中に腰椎が5個あって上半身を支えています。この腰椎の部分は身体で最も荷重を受けやすい場所で特に腰椎の4番、5番と腰椎と骨盤をつなぐ部分の場所の負荷が大きく椎間板ヘルニアを発症しやすい部分になっています。

椎間板はゼリー状でできておりとても柔軟性のある組織でできています。そして椎骨と椎骨の間に椎間板が挟まっており身体の衝撃を緩和させるクッションの役割や背骨が柔軟に運動できるようにしています。

しかし骨盤が歪み、この上についている背骨が歪んでくるとこの椎間板にかかる圧力が変わってきます。そして椎間板にかかる圧力が均等でなくなると椎間板の真ん中にある髄核という組織が圧力に耐えれなくなって外に飛び出してくるようになるのです。

この結果、起こることが椎間板ヘルニアです。椎間板は年齢と共に椎間板の水分がなくなってきて弾力性を失います。そして日常生活を過ごしているなかで骨盤の歪みはさらに悪化してきます。これにより椎間板ヘルニアは発症しやすいのです。

椎間板ヘルニアになると身体のバランスは大きく崩れるため慢性的な腰痛のほか、足のしびれ、筋力低下、膀胱直腸障害などの全身的な症状がでてきます。

腰痛と椎間板ヘルニアは関係しているため腰痛を根本から改善していくことで椎間板ヘルニアの症状改善がみられ腰痛も軽減することができます。























ハルモニア鍼灸整骨院ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島市中区上八丁堀7-8-2F
TEL 082-225-6181
Mail
 info@nakatomo-shinkyu.com